贈答品で贈られるものは何か

日本では、様々な機会に贈答品を贈るということがあります。結婚や出産などのお祝いごとのとき、お中元やお歳暮など季節の挨拶をするとき、ご自宅へお邪魔するときの手土産、誕生日や父の日・母の日のプレゼントなども贈答品の一種です。贈答品という言い方をすると、なんとなく堅苦しさを感じてしまいますが、誕生日プレゼントやクリスマスプレゼントなどの贈答品は、皆さんも贈ったことがあるのではないでしょうか。このように、日本の贈答品というのは、昔からあるような観光葬祭や季節の慣習と、海外から入ってきた文化とがミックスされているのです。

そもそも贈答品の目的というのは、贈る相手に対して「おめでとうございます」という喜びの共感や、「いつもありがとうございます」という感謝の気持ちを伝えるということにあります。お中元やお歳暮などは、時期が来たから贈っているという方も多いかもしれませんが、こういった贈答品や、法要時のお供え物も、そもそもご先祖様に対しての感謝の気持ちを表したものなのです。

そんな贈答品ですが、ただ単に品物を贈れば良いわけではありません。きちんとマナーを守り、時と場合に応じた品物を選んで贈らなければ、いくら自分が気持ちを込めていても、相手に伝わりません。一歩間違えば、相手との関係にひびを入れてしまうこともありますから、そうならないために、こちらでは時と場合に応じた贈答品の贈り方や、贈答品で贈られるものの選び方についてご紹介します。正しい知識とマナーを身につけて、贈答品の贈り方をマスターしましょう。